リモートワークって実際どう?第2回意見交換会を開催しました

こんにちは!ダイバーシティ推進委員会の早川です。

エスケイワードのダイバーシティ推進委員会では今年度、「社員が自分の意見・考えを伝えられる風土づくり」をテーマに活動しています。

その一つの方法として「お便り箱」を設置し、気になるあれこれについて投函してもらい、ダイバーシティ推進委員会がお返事をしています。また、集まったお便りの中からテーマを選び、それにまつわる「意見交換会」を開催しています。

11月の意見交換会のテーマは「リモートワークについて」。

お便りの内容は、「リモートワーク制度の対象を、全社員に広げないのか?」というものでした。

働き方改革や東京オリンピックでの通勤対策により、多くの会社でリモートワークが推進されるようになった昨今。エスケイワードでも一部の社員がリモートワークで勤務をしています。今回は、リモートワークでの勤務者や周りの社員が、実際どんなことを感じているのか、意見を出し合ってみました。

エスケイワードのリモートワーク制度の歴史

エスケイワードのリモートワークの制度が適用されるのは、こちらの4パターンに当てはまる場合のみです。

①ディレクター等で外出が多く、リモートワークで効率が上がる社員

②妊娠中の社員、育児・介護に携わっている社員、自身や家族が闘病中の社員、もしくは怪我をしている社員

③契約時に設定した曜日に在宅勤務をするパート社員

④台風など自然災害の際、緊急対応として

(2019年11月現在)

この制度の検討を行った昨年度、ダイバーシティ推進委員会の活動は「育児・出産・介護に関わっている社員や、外国籍の社員をサポートする制度を整える」ということがメインでした。

そのためリモートワークの制度は上記に当てはまる社員のみに限定されています。

リモートワークをする社員からは……

外出先から仕事をすることが多い社員、出産を控え最近在宅勤務に切り替えた社員、東京オフィスで仕事をする社員、などが参加してくれました。

実際にリモートワークしている社員がビデオ会議で参加!

現状リモートワークを実施している社員は、もともと社内でずっと対面で仕事をしていたり、週の何日か出社をして対面コミュニケーションをはかる日があるため、コミュニケーション面で大きな問題はないという感想が多く見受けられました。

しかし、デメリットとしてはチャット等でのコミュニケーションで「社内の雰囲気が伝わりづらいため、緊迫感や相手の忙しさがなかなか読めない」「返事が返ってこないと、立て込んでいるのか見落としているのか、ちょっと不安になる」という、「ニュアンスが伝わりづらい」というコメントがちらほらと出てきました。

そんな中、「対面で話せない分、連絡が来たらすぐに返事するよう心がけている」というリモートワークする側の細やかな配慮も教えてもらいました。

リモートワークの人と一緒に仕事をしている社員からは……

「リモート作業をしている人は、いつも返答が早い」という意見が多く挙がりました。細やかな配慮は実感として受け止められているようです。

また、「『グループチャットでメンションしたあの人は、いま離席しているよ』など本社内の状況を伝えたりしている」と社内にいるメンバー側の配慮も挙がりました。リモート先の人がどんな気持ちなのか先回りの想像……素敵な行動ですね!

そしてリモートワーク側から挙がった「ニュアンスが伝わりづらい」という不安事項については、「緊急度や締め切りを伝えるようにしよう」という共有をしてもらいました。

絵文字をどんどん使ってほしいのだ

ちなみにわたしは東京オフィスでの勤務のため、ほとんどの人と「実質リモートワーク状態」になっています。

「ニュアンスが伝わりづらい」というのは転勤してから悩ましく思っていることでした。「承知しました」と来ても、快諾なのか渋々なのか、リモートワークでは表情を見ることができません。その先のつぶやきも聞くことができません。感情が読み取れないメッセージはなかなかさみしいものです。

その点、絵文字という文化は素晴らしいなと思います。

Moma(ニューヨーク近代美術館)では、NTT DOCOMOが1999年に導入した絵文字を、現在「Emoji」としてコレクションに収蔵しています。その理由は「新たな視覚言語発展の種として世界中で受け入れられた」と評価されたからです。

ぜひ、「承知しました☺」なのか「承知しました🙄」なのかEmojiで教えてほしいなと個人的には思っています!🥳

遠隔作業の溝を埋める、毎日の取り組み

こんな話し合いの中、わたしは日々行なっている取り組みが、遠隔作業での溝を埋める手法になっていると思い出しました。その取り組みの一部をご紹介します。

定期報告ミーティング

わたしの所属する事業部では、朝夕に定期的な報告のミーティングを設けています。そこで他のチームへ協力を依頼したり、依頼の確認したりなどしています。

東京オフィスも本社とビデオ会議で繋ぐので、対面でちょこっとだけ言いたいような共有事項・相談事項をこの時間に伝えるなどしてます。

本社と東京オフィスをつなぐ大きなディスプレイ

本社と東京オフィス、コーポレートコミュニケーション事業部編集チーム事務所の3箇所で、常時接続をしています。「あの人は席にいるかな?」「ちょっと声をかけよう」なんてことを気軽にできるようにしています。

将来は「スター・ウォーズ」でR2-D2から表示されるレイア姫の映像のように、3Dホログラムのようになったらいいね……なんて妄想をよくみんなでしています。人類の夢!

日報やGoogleカレンダーでの予定管理

出勤時と退勤時には、日報を全社員が提出しています。日報には「気づき・報告」欄があるので、そこにコメントをしあったりしています。気になったことや日々のつぶやきまで……これがコミュニケーションの活性化にもなっている気がします。

実は別の目的で始めた取り組みであっても、「遠隔作業の溝を埋める」工夫にもなっていると感じています。

 

様々な意見が挙がり、意見交換会は和やかな雰囲気のなか終了しました。意見交換会の目的は、みなが自分の意見を伝え、受け入れ合う体験をすること。(「結論を出す」ということは目的にはしていませんので、社員のみなさん、今後もお気軽にご参加ください〜。)

さ〜て、次回の意見交換会は?

次回の意見交換会は12月に開催する予定です。ぜひぜひ、お気軽にご参加くださいね。

意見交換会のテーマにもなりうるお便りも引き続き受付中です!

みんなの思いを受け止めフィードバックするこの活動、「社員が自分の意見・考えを伝えられる風土づくり」を目標にこれからも継続していきます。